読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界を裏から見てみよう

元旅行会社の社員が安く旅行に行く方法、おすすめの旅行先などを書いていくブログです。得意なエリアは地元名古屋、10回以上旅行している沖縄、旅行会社時代に担当していた福岡です。

前日、当日の宿泊予約ならトクー!を利用するのがおすすめ

旅行予約術

f:id:ryuujisino:20161129195838j:plain

みなさんこんにちは。元旅行会社社員のリュウジです。

今回は他のサイトとはちょっと変わった宿泊予約サイトを紹介させていただきます。

そのサイトの名前はトクー! というサイトです。

トクー!が他のサイトと違うところはそのビジネスモデルです。じゃらん楽天トラベルに代表される宿泊予約サイトは会員登録は無料で宿から10%ほどの販売手数料をもらうのですが、トクー!は会員登録が有料な代わりに宿から手数料を徴収しないというビジネスモデルです。そのため宿は手数料を考えずに安いプランを掲載できるという訳です。

 

宿が直前に予約が埋まらなかった部屋の値下げをする

またトクー!のもう一つの特徴として前日、当日の宿泊予約の強さになります。

宿は空室がでることが最も利益を失う行為となります。そのためなかなか予約が見込めない前日や当日の予約に悩むのですがトクー!は有料会員制をとっているため他のお客さんに割引された価格を知られる事なく値下げをすることができるという訳です。

前日予約だと20~40%、当日予約だと25~90%の値下げをするのでかなりお得に宿泊ができるサイトだと言えます。

トクー!を例えるのであれば在庫処分セールの商品をメインに予約できるサイトというとイメージがつきやすいかと思います。

 

有料会員の種類は全部で3種類 月額323円から

そんなトクー!には3つの会員ランクが存在します。月額971円のVIP会員、月額647円のプレミアム会員、月額323円のエコノミー会員です。

VIP会員とプレミアム会員は高級ホテルが割引価格で泊まれるトクー!ポン、109円で宿泊をする権利の買えるトクー!市というサービスを利用することができVIP会員とプレミアム会員ではこのサービスが利用できる回数に差があります。

いずれの会員も月額1,000円以下と宿泊サービスをよく利用する人にとっては高くない値段設定になっているので、かなりお得な内容となっていると思います。

また利用できるサービスはかなり限定されますが、無料会員も用意されているのでトクー!の感触をつかむためには無料会員からスタートしてもいいかもしれません。

 

トクー!を利用するデメリット

トクー!にももちろんデメリットはあります。その最たる部分としては掲載している宿が限られるため選択肢がかなり絞られてしまうという事です。

限定的とはいえ値段を下げることは宿のイメージが変わってしまう恐れがあるので、掲載をしていない宿も多いのは事実です。

また会費は1年分先払いとなるので、一度しか利用しないのであれば会費を回収できるかは微妙なラインです。

このようなデメリットも考慮した上で会員登録を考えてみるといいかと思います。

 

以上がトクー!についての紹介です。

他のサイトとは異なったユニークなシステムをとっているので、お得に宿泊予約をするためにも押さえておきたいサイトです。