読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界を裏から見てみよう

元旅行会社の社員が安く旅行に行く方法、おすすめの旅行先などを書いていくブログです。得意なエリアは地元名古屋、10回以上旅行している沖縄、旅行会社時代に担当していた福岡です。

JALの新サービス「どこかにマイル」について元旅行会社社員の立場からの感想

国内旅行

みなさんこんにちは。元旅行会社社員のリュウジです。

昨日JALが新サービスとして通常の半分以下のマイルで旅行に行ける「どこかにマイル」を発表しました。

どこかにマイル - JALマイレージバンク

なかなか面白そうなサービスなので現時点での感想を述べさせていただこうと思います。

 

4つの候補地からどこかに旅をするチケットが買える

このサービスの特徴としては6,000マイルで4つの行先候補地から選ばれた往復航空券を購入することができるというサービスです。

対象になるのは12,000マイル以上の地域となるので、半分以下のマイルで往復航空券を購入することができるというサービスです。

4つの候補地は再度検索することで変更できるのである程度は自分の意思を入れることもできそうですが、最終的な決定はJAL側にゆだねられるというシステムです。

航空会社側は空席対策の考えもあると思われる

消費者としては少ないマイルで旅行することができるというメリットがありますが、航空会社側としては人気のない路線の空席対策として利用する考えもあると自分は思います。

行先は野村総研が開発したシステムから決定されるということですが、航空会社側からすると人気の沖縄や福岡よりも不人気路線への送客をしていきたいと考えるのは自然な流れではないでしょうか。

特にJALは古い航空会社で政治の力で就航した地方空港が赤字化して足を引っ張っているという現状があるため、そういった路線の対策のためのサービスであると考えられます。

とはいえ全て不人気路線にお客さんを回してしまってはすぐに悪い噂が広まると思いますので、ある程度は人気路線にもお客さんを割り当てるかとは思います。

そのため確率としては不人気路線に当たる確率は高いけど、希望の場所に行く事ができる可能性はあるというのが現時点での私の考察です。

 

JALカードを利用して家族旅行に利用するというやり方もできる

また「どこかにマイル」は4人までの航空券を購入することができ、その場合は同じ便に割り振られるという配慮がされるそうです。

ただしその場合はそれぞれのマイルが清算されるというシステムのようなので、マイルをたくさん持っている人が他の人の分も支払うというためには一工夫必要です。

JALカードには家族プログラムというものがあり、家族間であればマイルを分け合うことができるのでこれを利用すれば「どこかにマイル」を利用した家族旅行も可能になりそうです。

ご家族の方がそれぞれためたマイルを特典交換の際にあわせて利用できるJALカード

JALカードを上手く使えば溜まったマイルを活用することもできそうなので、上手く活用していきたいところです。

 

以上がJALの新サービス「どこかにマイル」についての感想です。

12月12日から申し込み開始なので実際どの旅行先に振り分けられるかは今後の展開を観察する必要がありますが、どの地域に割り当てられたとしてもその旅先を楽しむ心が大切だと思います。

マイルを上手く活用して旅行を楽しんでいきましょう♪