読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界を裏から見てみよう

元旅行会社の社員が安く旅行に行く方法、おすすめの旅行先などを書いていくブログです。得意なエリアは地元名古屋、10回以上旅行している沖縄、旅行会社時代に担当していた福岡です。

M1グランプリと同日に行われていた那覇マラソンを思い出した話

f:id:ryuujisino:20161205104234j:plain

みなさんこんにちは。元旅行会社社員のリュウジです。

昨日のM1グランプリ面白かったですね。私は敗者復活戦からずっと見ていて終わった後のM2グランプリも最後まで見て1日お笑いを楽しみました。

優勝した銀シャリは元々大好きだったので、今後の活躍に期待したいですね。

 

さて話は変わりますが、昨日沖縄では那覇マラソンという毎年多くの人で盛り上がるイベントが開催されていました。

30,000人が参加するのに毎回すぐに予約がいっぱいになってしまうというマラソン大会で、実は私も2回走ったことがあります。

結果は35キロとハーフでのリタイアでしたがリタイアしても楽しめるマラソン大会なので、ここで紹介させていただきたいと思います。

 

毎年12月の第一日曜日に開催

那覇マラソンは毎年12月の第一日曜日に開催されます。

この時期の沖縄は夜は少々肌寒いくらいなのですがお昼は暖かいので、走る時は半袖で十分行けます。

大会の参加者は様々で実業団レベルで走っている人、趣味でマラソンを走っている人、観光も兼ねてマラソンにもチャレンジしてみた人など本当に様々です。

沖縄の地元の人よりも多くが本州からマラソンのために来ているので、この大会の楽しさをわかってもらえればと思います。

 

沿道の歓声・応援が本当に素晴らしい

那覇マラソンの最大の特徴と言っていいのが沿道からの歓声や応援が絶えず続くことです。

観光地沖縄ということもあってか沖縄の人たちは観光で来た人たちに対して本当に温かく迎え入れてくれ、走っている時も42.195キロのどの地点でも応援をしてくれます。

また公式で用意してくれている水や補給食以外にも沿道の人がお菓子なんかを持ってくれていているので、初心者からするととても助かります。私も途中で黒砂糖をもらった時はすごく回復して感謝しました。

那覇マラソンを走った人は皆沿道の歓声が素晴らしかったので、また来年も来ようと思って毎年のように参加するため非常に人気の大会となりました。

沖縄の人の温かい気持ちは行く先々で知ることができますので、ぜひ沖縄に行った際は地元の人とも交流してください。

 

マラソンはしっかり練習して走りましょう

当たり前の話ですが、那覇マラソンをはじめとしたマラソン大会はしっかり練習してから行きましょう。

私は会社の人みんなで行くということで便乗して参加したのですが、ほぼトレーニングをすることなく走ったらリタイアしました。

リタイアすることは悪い事ではなく十分楽しめたので満足なのですが、その日沖縄から羽田空港に着いた時点から全身の筋肉痛に襲われました(笑)

その筋肉痛は1週間は続き、家に帰るのもやっとという有様でした。しっかりトレーニングとケアをしていればこんなことにはならなかったと思いますので、どんな形で参加したにせよしっかり練習をして走るようにしましょう。

 

那覇マラソンを走った後は観光をしてから帰りたいので今日は沖縄には多くの観光の人がいるでしょう。

私も散々筋肉痛になったのに機会があったらまた那覇マラソンを走りたいなと思うのは、那覇マラソンにしかない楽しさがあるからだなと思います。

人気の大会なので大会の予約はもちろん飛行機・ホテルもすぐに予約するようにしましょう。沖縄旅行であればたびらいを使って予約するのが安くなりますので、申し込みがはじまったらすぐに予約をするようにして那覇マラソン・沖縄を満喫してください♪