読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界を裏から見てみよう

元旅行会社の社員が安く旅行に行く方法、おすすめの旅行先などを書いていくブログです。得意なエリアは地元名古屋、10回以上旅行している沖縄、旅行会社時代に担当していた福岡です。

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」で紹介された中で特に感動した絶景7選

本・映画・テレビ

みなさんこんにちは。元旅行会社社員のリュウジです。

2013年にFacebookページから一気に日本中に広がった本が「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」という本です。

私も当時Facebookで見つけて本が発売されたらすぐに購入しました。

そのタイトル通り世界中の絶景を紹介している本なのですが、今までなかなか表に出てこなかった絶景が紹介されていたためとても話題になりました。

今回はそんな中でも私が特に感動した絶景を7つピックアップして紹介させていただきます。

みなさんも世界中の絶景を目にして日々の疲れを癒してください。

 

ニューカレドニア

www.instagram.com

その海の美しさは説明不要。天国に一番近い島と言われるほどのビーチリゾートがニューカレドニアです。

ニューカレドニアは南太平洋エリアにあり、成田空港と関西国際空港からは直行便も出ていますので比較的行きやすく、ハネムーンやバカンスにおすすめのリゾート地です。

日頃のストレスを一気に解放してくれるような美しい海を見に行って見ませんか?

 

アンダルシア郊外のひまわり畑(スペイン)

www.instagram.com

私のハンドルネームの由来になっている龍時という小説にも登場するのがアンダルシア郊外のひまわり畑です。

スペインのアンダルシア地方は温暖な気候で知られているため夏には太陽の日差しが強く、そのためひまわり畑が非常に美しく見えます。

ひまわりに囲まれた絶景は一度は行きたい場所です。

 

ランペドゥーザ島(イタリア)

www.instagram.com

この本を一気に有名にしたのがこのランペドゥーザ島の写真でしょう。

船が浮いているかのように見えるほど美しい海はまさに絶景と呼ぶにふさわしい場所です。

イタリア本土よりもアフリカ大陸に近いこの島は日本からはローマかシチリアを経由していくしかないのですが、その乗り継ぎのことを考えても行ってみたい場所です。

 

モノ湖(アメリカ)

www.instagram.com

アメリカのカリフォルニア州にある絶景ポイントがモノ湖です。

湖の水にはカルシウムが大量に溶け込んでおり、湖底からは炭酸水が湧き出しているため、水中では石灰石の柱『TUFA TOWER』(トゥファタワー)が生成されており、その柱と周りの風景が何とも言えない絶景を生み出しています。

都会にいたら絶対に見えない星空もこの場所の楽しみの一つなので1日中いたい場所です。

 

メープル街道(カナダ)

www.instagram.com

メープル街道という名前がすべてを表している紅葉の名所がメープル街道です。

ナイアガラの滝~ケベック・シティーを繋ぐ街道の名前がその美しさからメープル街道と呼ばれており、全長800キロにも及ぶ紅葉の道を進んでいくことができます。

日本でも紅葉の名所はたくさんありますが、ここまで大規模で美しいものはないので、ぜひ訪れてみたい場所です。

 

カクシラウッタネン(フィンランド

www.instagram.com

フィンランドにあるカクシラウッタネンはガラス張りのドーム型ホテルに宿泊するため、寝ながらオーロラを眺めることができるという絶景ポイントです。

日本でいうかまくらのような造りのホテルは暖房設備やベッドが配置されているため、晴れていれば北欧の動植物やオーロラを寝ながら見ることができます。

オーロラを見ながら寝るなんて幸せ一度は体験してみたいですね。

 

湯西川温泉(日本)

www.instagram.com

最後は日本の栃木県にある湯西川温泉かまくら祭りです。

この場所は実際に私も行ったことがあるのですが、無数のかまくらの中に明かりが灯されていて本当に幻想的です。

近い日程だと平成29年1月28日(土)から3月5日(日)まで開催されていますので、2月の予定がまだ決まっていない人はぜひ行ってみてください。

また温泉も秘湯と呼ばれていて素晴らしいので合わせて楽しんでください。

湯西川温泉のホテル・旅館はこちら

 

以上私が個人的に感動した絶景の紹介です。

ここで紹介したところ以外にも行ってみたい絶景はたくさんありますので、よろしければ本で見てもらうと人生がより充実します。

ちなみに海外旅行に行く場合はエイビーロードが写真も綺麗でおすすめですので、よろしければそちらでツアーを探してみてください。