読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界を裏から見てみよう

元旅行会社の社員が安く旅行に行く方法、おすすめの旅行先などを書いていくブログです。得意なエリアは地元名古屋、10回以上旅行している沖縄、旅行会社時代に担当していた福岡です。

元旅行会社社員の考える旅行会社に向いている人の5つのスキル

旅行会社

みなさんこんにちは。元旅行会社社員のリュウジです。

今回は旅行会社への就職や転職を考えている人をメインに旅行会社で働く上で持っておいた方がいいと思う5つのスキルを私なりに考えてみようと思います。

私が働いていた旅行会社と他の旅行会社の人を実際に見て出世していく人や活躍していく人はこんな人なんだなという人の特徴をまとめてみましたので、旅行会社に興味があるという人は参考にしてください。

 

お酒に強い

いきなり直接仕事とは関係ない事なのですが、お酒の席での対応は旅行会社はめちゃくちゃ大切だと思います。

旅行業界は免許制のため新規参入が難しく、昔ながらの風習が残っている会社が多く飲み会での立ち振る舞いもその一つです。

社内での飲み会はもちろん取引先との飲み会でもお酒が飲めると一目置かれるという文化があるので、旅行会社で活躍したいという人には必要なスキルだと思います。

 

事務作業が得意

旅行会社というと企画力や発想力がある方がいいんじゃないかと思いますが、実際の業務は事務作業がかなりの範囲を占めます。

そのためエクセルやワードなどの作業が苦にならない人は旅行会社の業務には適していると思います。

事務作業が素早くこなせれば仕事も早く終わるので一目置かれる存在になります。

 

相手の懐に飛び込むのが上手い

旅行業界ではホテルや航空会社との取引において人間関係が重視される傾向がまだ残っています。

そのため取引先とのコミュニケーションの中で相手の懐に上手く飛び込む人というのは、安い料金を卸してもらったり座席を多めに獲得できたりするわけです。

お酒もその中の一つだと思いますが、取引先と親友になれるくらい相手の懐に飛び込める人は上手くいく傾向にあると思います。

 

粘り強い

旅行会社においてはクレームはどうしても発生してしまいます。そんな時は何時間でも粘って対応する粘り強さが求められます。

実際私も台風のせいで飛行機が欠航になったお客様からのクレーム(というか文句)を何時間も粘って対応したことがあります。

旅行は1件1件の利益が少ないので、問い合わせや予約をしてくれたお客さんにはしっかりと向き合っていくことが求められますので粘り強さは非常に大切です。

 

旅行が好き

そして最後は何といっても旅行が好きだということです。旅行に行く事と旅行を売ることは別物と旅行会社の会社説明会なんかではよく話を聞きますが、旅行が好きでないと旅行会社では働けないと思います。

実際仕事はかなりハードなので、好きなものを提供しているという意識がないと精神的にもかなり辛くなってしまうので旅行が好きだというのは大前提だと思います。

 

以上旅行会社に向いていると思う人の特徴を挙げさせてもらいました。

あくまで私の見た感想ですが、他の旅行会社の人も含め旅行会社の人には100人以上会っているので的外れな事はないと思います。

旅行会社に就職したいという人は応援していますので、ぜひ参考にしてみてください。