世界を裏から見てみよう

元旅行会社の社員が安く旅行に行く方法、おすすめの旅行先などを書いていくブログです。得意なエリアは地元名古屋、10回以上旅行している沖縄、旅行会社時代に担当していた福岡です。

一人旅をしたらうつ病が治った話

みなさんこんにちは。元旅行会社社員のリュウジです。

早いものでこのブログも50記事目となりました。50記事目には何を書こうかなと考えていたのですが、ここは私が実際に体験した一人旅をしたらうつ病が治ったという話を書いてみようと思いました。

私が旅行の世界に魅了されたきっかけでもあり、人生が大きく変わった時だったのでもし興味があるという人は読んでみてください。

 

うつ病が発祥したきっかけ

私がうつ病を発症したのは20歳のころでした。当時大学2年生の前期で普通に大学に通っていたのですが、突然大学に行くのが嫌になり大学に行こうとすると吐き気をもよおすという症状に陥りました。

とりあえず我慢しながら大学に行き、前期のテストを終えたころには症状がひどくなってきており病院に行ったらうつ病と診断をされました。当時私は大学での人間関係に悩んでおり、それがストレスになって身体を悪くしてしまったという経緯でした。

その後バイトや部活などは全て一旦休み、夏休みは引きこもり生活を送っていました。今考えても当時何をしていたのか全く思い出せないほどただただ時間を浪費する生活でした。

夏休みが終わって大学が始まったので薬を飲みながらなんとか大学には行っていたのですが、症状は改善せず日々辛かったことだけは覚えています。

そのころ私は家でずっとインターネットをしていてニコニコ動画Youtubeを見ていたのですが、その時に何かのサイトで見た石垣島の写真に突然心を奪われました。こんな綺麗な海は今まで行ったことがないから行ってみたいと直感的に思い、その日には石垣島への航空券を予約して春休みに人生はじめての一人旅に出ることにしました。

この時は完全に勢いだけで決めて親にも心配されましたが、ひょっとしたら何か変わるかもしれないという想いもあり石垣島に行く事を決めました。

 

石垣島で同世代の人との出会い

そして石垣島に行く事になるのですが宿泊する場所をどこにしようか調べていたところ、どうやらゲストハウスという場所があるということを知りました。ゲストハウスは部屋やリビングなんかが共有の簡易宿泊施設で1泊2,000円~3,000円くらいで泊まれたので当時お金のなかった私はゲストハウスに宿泊することを決めました。

そんなこんなで石垣島に旅立つことになり、初めての一人旅がスタートしました。当時ゲストハウスという場所を全く知らなかったのですが、ゲストハウスではリビングで他の旅人と話をして仲良くなることがよくあります。

石垣島のゲストハウスでは色々な人と交流しましたが、その中で同世代の大学生Aさんと仲良くなりました。Aさんは昔大学を休学して1年間一人旅をしていたという人で、石垣島へも一人で来たということで色々な話をしました。

今まで大学や地元の友達しか交流がなかった私にはAさんの体験はどれも面白く、大学を休学するなんてすごいなという驚きと共にその自由な生き方を羨ましいなと思いました。

 

西表島でのおじいさん、おばあさんとの出会い

Aさんと石垣島で別れた後、私は西表島に向かいました。西表島は手つかずの自然が残っており、それを見てみたいと思い観光船に乗るツアーに参加しました。そこで隣の席に座ったおじいさんとおばあさんから話かけられたので、色々と話をしながらこんな感じの夫婦っていいなと思っていたら実はその2人は夫婦ではないことがわかりました。

2人とも子育てが終わってパートナーに先立たれてしまったので、一人で旅をしていて沖縄で出会い意気投合したからそのまま一緒に旅をしているんだと2人から話を聞いてすごくびっくりしたことを覚えています。

さらに話を聞いてみるとおじいさんの方はもう2年家に帰っていないそうで、このまま旅をし続けて死にたいという話をしてくれました。2人ともおじいさん、おばあさんなのにものすごくアクティブで生き生きした表情をしていたので、2人にすごく元気をもらったことを今でも覚えています。

 

波照間島でのたくさんの出会い

西表島に数日滞在した後、出会った旅人から行ってみた方がいいと言われたので波照間島に行ってみる事にしました。波照間島でもゲストハウスに滞在していたのですが、そこでは新婚旅行で来ている夫婦、北海道から休暇で来ている獣医さん、波照間島でサトウキビ刈のバイトをしている人など様々な人と出会い話をしました。

波照間島のゲストハウスではみんなで夕食を食べ、置いてあった三線で歌を歌ったりするなど数時間前に出会ったのにまるで家族のような雰囲気で楽しむことができ、最高の思い出となりました。

 

一人旅から帰って思ったこと

そんな感じで日々を過ごしていたら一人旅はあっという間に終わってしまい家に帰りました。家に帰ってから数日は楽しい思い出に浸りながら一人旅のことを思い出していたのですが、その時感じたことは人と話すってこんなに楽しいんだなということです。

全く見ず知らずの人でもこんなに楽しく話すことができたという体験は当時人間関係で悩んでいた自分にとってはすごくショッキングな体験であると同時に、こんなことで悩んでいたんだということで悩んでいたことがバカバカしくなりました。

そう思ってからは人に対してまっすぐ話をしようと思うようになり、うつ病もいつの間にか症状がなくなっていました。当時出会った人は今何をしているのか、どこにいるのかは全くわからないのですが、あの時出会ってくれたすべての人に本当に感謝しています。

 

その後大学にも普通に行けるようになり、旅行会社に就職し独立するという人生を送っていくことになるのですが、今でもこの時の体験は鮮明に覚えています。この記事を読んだ方の中で人間関係に悩んでいたり、辛いことがあったという人は勇気をふりしぼって旅に出てみれば人生変わるよと私からは伝えさせていただきます。