世界を裏から見てみよう

元旅行会社の社員が安く旅行に行く方法、おすすめの旅行先などを書いていくブログです。得意なエリアは地元名古屋、10回以上旅行している沖縄、旅行会社時代に担当していた福岡です。

世界を裏から見てみよう

映画『かもめ食堂』に出てくるフィンランドの風景が美しすぎる

f:id:ryuujisino:20161211182150j:plain

みなさんこんにちは。元旅行会社社員のリュウジです。

みなさんは『かもめ食堂』という映画をご存知でしょうか?2006年に公開された日本の映画なのですが、フィンランドを舞台にした珍しい映画でその美しい風景と素晴らしいストーリーから隠れたファンの多い作品です。

今回はそんなかもめ食堂について紹介していきたいと思います。

 

かもめ食堂のあらすじ

フィンランドヘルシンキで日本食堂を経営しているサチエは、図書館で知り合ったミドリを食堂のスタッフに迎える。お客は、日本アニメおたくの青年しかいない店にボチボチ人が集まるように。

悩みをかかえたフィンランド人、荷物が出てこなくなって困っている日本人など、個性的なお客さんたちが、かもめ食堂に集まり、サチエたちの温かな心がこもった料理でなごやかな気持ちになっていく。

れっきとした日本映画だが、オールフィンランドロケで、現地スタッフや役者も参加して作り上げた日本とフィンランドのコラボ映画。あせらずマイペースなサチエに小林聡美がピッタリ。また「かもめ食堂」の北欧風のインテリア、シナモンロールやおにぎりなどのお料理もおいしそうで、ビジュアルも十分に楽しめる。国境を超えた人間関係をオシャレで心温まるヒューマンドラマに仕上げたのは『恋は五七五』でおなじみの荻上直子監督。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000ELGLDA?ie=UTF8&camp=247&creativeASIN=B000ELGLDA&linkCode=xm2&tag=ryuujisino040-22

 

フィンランドの美しい風景

あらすじでも紹介されていますが、この映画はフィンランドで全て撮影されているためところどころにフィンランドの美しい風景が出てきます。オーロラで有名なフィンランドですが街並みや森など随所に美しい風景が見られるため、その綺麗な風景に思わず引き込まれてしまいます。

またこのかもめ食堂フィンランドの首都ヘルシンキに実在する食堂で、実際に訪れて映画で使われていたシナモンロールを食べることもできます。

 

少し立ち止まって考えてみることの大切さを知る

またこの映画の中では様々な厳しい現実を叩きつけられた登場人物がフィンランドかもめ食堂の落ち着いた雰囲気に癒されていくというシーンが見られます。

私が一人旅を好きな理由として一人でゆっくり考える時間があるというのがあります。フィンランドの大自然の中ゆっくりした時間を過ごせたらすごく幸せで、またゆっくり一人旅に行きたいなとこの映画でまた旅の素晴らしさを再認識させてもらいました。

 

以上が映画かもめ食堂の紹介です。

私は映画で見て良かったので小説版も買って読んでみようかなと思っています。日常に疲れてゆっくりしたいという人にはかもめ食堂はおすすめの作品です。