世界を裏から見てみよう

元旅行会社の社員が安く旅行に行く方法、おすすめの旅行先などを書いていくブログです。得意なエリアは地元名古屋、10回以上旅行している沖縄、旅行会社時代に担当していた福岡です。

貯金5万円で独立してもうすぐ4年になります

みなさんこんにちは。元旅行会社社員のリュウジです。

クリスマスも終わり、いよいよ年の瀬が迫ってきたので色々と振り返りをしていると旅行会社を辞めた時のことを思い出しました。

当時は勢いだけで会社を辞めて色々苦労をしたので、今となってはなつかしく感じました。そこで独立した当時を思い出しながら、あの時こうしておけば良かったなということを振り返ってみようと思います。これから独立しようと思っている人の参考になれば幸いです。

 

貯金5万円、家ナシで独立

私が独立をしようとしたのは旅行会社で働き始めて3年目の時、当時の労働環境が悪かったのと自分で独立しようという思いが合わさって勢いで会社に辞表を出しました。

しかし当時貯金がほとんどできていなかったのに加え、住んでいたシェアハウスが急に解散することになり家もなくなるという事態からのスタートとなりました。何とか食つなぐために住み込みでできる仕事を探し、ECサイトの運営をしながらライターをやることになったのですが、決まったのは家の退去の3日前。ギリギリのところでライフラインを保つことに成功しました。

教訓:独立するのであれば少なくとも半年は無収入でもいられる貯金はしておこう

 

とにかくがむしゃらに色々な仕事をする

何とか生命の危機を乗り切った私は次に色々な仕事に手を出します。独立前にセミナーや交流会によく参加していたので、色々な人から仕事を手伝ってほしいと言われ手当たり次第に仕事をこなしていきました。

しかし自分ではできると思っていたことが上手くいかず、スケジュールは次第にめちゃくちゃになり自分は何の仕事をしているのかがわからなくなり収入がギリギリという時期がかなり長く続きました。

教訓:独立後色々声をかけられるが、それは身体が空いている便利な人だからで実力ではない

 

色々な仕事をやりすぎて自分のやりたい仕事がわからなくなる

それでも何とか生きていくために色々な仕事をしたのですが、それは次第に自分のやりたいことから離れていっていることに気が付きました。しかし何とか食つなぐためには毎日がむしゃらに仕事をするしかなく、不定期な収入でしたがギリギリ生きていました。

今思えばものすごく効率が悪かったですし、モチベーションのキープも大変でした。何しろ旅行の仕事がしたいのに不動産の営業をしていましたから(笑)

教訓:自分のやりたくないことをやっても続かない

 

実家に帰るという決断をする

そんなこんなで色々な仕事を経験してきたのですが、2016年に入って一つの大きな決断をします。それは東京から実家に戻ること。それと同時に仕事はインターネットでできるライター1本に絞ることを決めました。

この決断は予想以上に効果を生みました。実家に戻ることにより固定費が削減され生活が楽になったこと、仕事をライター1本にしたことでモチベーションが続きやすく仕事の管理も楽になったという事で今のところは大正解だったと思っています。

教訓:固定費はできるだけ下げて、仕事を特化させることで生産性を上げる

 

だいぶざっくりと書きましたが、そんなこんなで独立してからもうすぐ4年が経とうとしています。飯が食えなかったり電気が止まったりという事も経験しましたが、解決手段は固定費を下げ、生産性を上げることに気付くのに3年以上の月日がかかりました。

もちろん今選んだ道が正解かどうかはわかりませんが、しばらくはライター1本で仕事を成り立たせていけそうです。正直考える事が少なくなったので、戦略なんかも余裕を持って立てられるようになりました。

何でも自分でやるという考えを持っている人ほど私のような考えになりがちだと思います。そんな時はちょっと立ち止まって冷静な判断をしてください。それだけで今の環境を改善することができますよ。