世界を裏から見てみよう

元旅行会社の社員が安く旅行に行く方法、おすすめの旅行先などを書いていくブログです。得意なエリアは地元名古屋、10回以上旅行している沖縄、旅行会社時代に担当していた福岡です。

世界を裏から見てみよう

映画「わたしに出会うまでの1600キロ」の舞台パシフィック・クレスト・トレイルの圧倒的な自然がスゴイ

みなさんこんにちは。元旅行会社社員のリュウジです。

今回もみなさんに役立つような旅行情報をお届けしていこうと思います。

本日わたしに会うまでの1600キロという映画を見ていました。映画自体ももちろん素晴らしかったのですが、それ以上に主人公が映画の中で歩く「パシフィック・クレスト・トレイル」という場所の自然に圧倒されました。

今回はそんな「パシフィック・クレスト・トレイル」について紹介していきたいと思います。

 

パシフィック・クレスト・トレイルとは

www.instagram.com

パシフィック・クレスト・トレイルはアメリカの長距離自然道の一つで、総距離が約4,260kmにも及びます。この道を1シーズンかけて歩くことをスルーハイキングと言い、毎年300人ほどの人が4か月~6か月かけて挑戦するようです。

1シーズンかけてパシフィック・クレスト・トレイルを歩くのはかなり大変なんだろうなと思うのですが、その風景はものすごく綺麗で魅力的なのでこの場所には一度行ってみたいなと思いました。

 

パシフィック・クレスト・トレイルの絶景ポイント:カスケード山脈

www.instagram.com

パシフィック・クレスト・トレイルの中にはいくつかの絶景ポイントがありますが、私が1番行ってみたいと思ったのが、カリフォルニア州にあるカスケード山脈です。カスケード山脈は火山活動によって造られた自然が残っている地帯で、季節によって顔を変える絶景スポットです。

頂上まで行くには険しい山道を登る必要がありますが、頂上から眺める景色はまさに絶景。空に向かって伸びる常緑樹は一度見てみたいポイントです。

 

パシフィック・クレスト・トレイルの絶景ポイント:ブリッジ・オブ・ザ・ゴッド

www.instagram.com

映画わたしに会うまでの1600キロの中で主人公が最後に到達するポイントがブリッジ・オブ・ザ・ゴッドです。オレゴン州ワシントン州にまたがるこの橋は神の橋と名付けられるほど壮大で美しい建築物です。

こちらであれば現地でレンタカーを借りて訪れる事もできるので、気軽に映画の中の素晴らしい場所を見に行くことができます。この場所も一度は行ってみたい絶景スポットですね。

 

このように映画わたしに会うまでの1600キロの中にはパシフィック・クレスト・トレイルの圧倒的な自然に圧倒されながら、自分を見つける旅に出る主人公に感動を覚えます。映画自体も素晴らしい作品ですし、モデルとなっている場所も素晴らしい場所なので、いつか自分でも行ってみたいと思わせてくれるいい映画でした。