読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界を裏から見てみよう

元旅行会社の社員が安く旅行に行く方法、おすすめの旅行先などを書いていくブログです。得意なエリアは地元名古屋、10回以上旅行している沖縄、旅行会社時代に担当していた福岡です。

副業に最適!PVモンスターで記事が採用されるまでの流れを公開

ライティング

みなさんこんにちは。

元旅行会社社員で旅行ライターのリュウジです。

 

今回は私が現在チャレンジしているPVモンスターというサイトを紹介していきます。

PVモンスターはいわゆるクラウドソーシングのジャンルのサイトなのですが、クラウドワークスやランサーズとは違った報酬体系をとっている会社として、徐々にその認知度をあげています。

私もライターとして活動している中で、このサイトに出会い実際に記事を書いていますので、今回はPVモンスターで記事が採用されるまでの流れを公開していきたいと思います。

副業やライティングでお金を稼ぎたいという人には新たな選択肢となりますので、ぜひ参考にしてみてください。

?

 

PVモンスターって何?

記事を書くまでの流れを紹介する前に、PVモンスターを知らない人のために、PVモンスターはどんなサービスなのかを紹介していきます。

PVモンスターはクラウドソーシングを一種ですが、従来のクラウドソーシングとは報酬体系が大きく異なります。

簡単に説明すると

 

従来のクラウドソーシング

・1記事あたり○○円で買い取り。買い取られた後は報酬は発生しない。

 

PVモンスター

・書いた記事のPVに応じて報酬が入る。書いただけでは報酬が発生しない

 

というシステムになっています。

PVモンスターは書いた時点ではお金が発生しませんが、その記事が検索エンジンで上位にきた場合、継続的な報酬を得ることが可能になります。

従来のクラウドソーシングでは継続的な報酬を得ることができなかったので、しっかりと評価される記事を書けば、何もしなくても継続的に報酬を得られるというのがPVモンスターの特徴です。

2015年の創業以来、徐々に実績を伸ばしており、2017年2月現在では利用企業も300社近くなるなど、今話題のサービスとなっています。

 

PVモンスターで記事が採用されるまでの流れ

ここからは、PVモンスターで記事が採用され掲載されるまでの流れを紹介します。

私自身実際に記事が採用されるまでスムーズにいきましたので、なかなか記事が採用されないという人も参考になればと思います。

 

1.PVモンスターへの登録

まずはPVモンスターへの会員登録からスタートします。

PVモンスターの会員登録には、名前やメールアドレスの他に今まで自分が書いた記事を紹介するという欄があります。

私は過去に書いた記事と、このブログを実績として登録しました。

PVモンスターの登録は審査制なので、この実績のところである程度いい記事を提示しておくことが非常に重要です。

 

2.登録審査&担当者から連絡

登録が完了したら、PVモンスターに登録できるかどうかの審査が始まります。

審査は2営業日以内に回答があるとのことでしたが、私は1時間ほどで審査通過の連絡がきました。

そしてその翌日、PVモンスターの担当の方から直接連絡をいただき、おすすめの案件を教えていただきました。

さすがに登録した人全員に連絡はしていないと思いますので、登録時に書いた自分の記事が重要になると思われます。

担当の方は私の記事を読んでいただいて、私に合いそうな案件を提案していただけたので、かなり助かりました。

担当者から連絡がくるとは思っていなかったので、正直かなりテンションがあがりました(笑)

まだまだサービス自体は拡大していく途中ですので、早めに登録しておいた方が担当者はつきやすいでしょうね。

 

3.どの記事を書くか選定する

審査が無事通過したらいよいよどの記事を書くか決めます。

マイページにログインしたら、記事を募集している会社の一覧が出てきて、その中から自分の選ぶキーワードを選びます。

例えば海外旅行者向けのWi-Fiレンタルの会社であれば「wifi レンタル」や「海外 wifi」というキーワードがあるようなイメージです。

それぞれのキーワードには閲覧数ごとの支払金額支払上限月が設定されています。

閲覧数ごとの支払金額・・・記事の1PVあたりに対していくら支払いされるか。1円~5円くらいが多そうです。

支払上限月額・・・記事に対して支払われる上限金額

単純に金額だけを見るのであれば、この2つがより高いものを選ぶのがいいでしょう。

私の場合は専門外の記事は書きにくいと思ったので、この金額より自分が書きやすそうなキーワードをセレクトしました。

他にもそのキーワードで競合するページの強さや、クライアントのドメインの力などもキーワードを選ぶ基準としては配慮した方がいいですね。

 

4.企画を提出する

書くキーワードが決まったら、次はそのキーワードに対してどんな記事を書くか企画を提出します。

企画のフォーマットは決まっているので、それに沿って企画を提出しますが、この時に記事の構成も考えておくと後々楽になると思います。

企画を考えるにあたっては競合ページの調査や、クライアントの商品の理解をする必要があるので、ここは手を抜かずしっかりと企画を練りましょう。

 

5.記事を書く

企画が通ったら、次は実際に記事を書きます。

記事を書くときはWordPressを利用するので、WordPressを利用したことがある人は簡単ですし、ライティング経験があればすぐに慣れます。

またPVモンスターは記事を書く際のサポートが充実しているもの嬉しいポイントです。

キーワードをもとにどうやって記事を構成すればいいか、アクセスをアップする記事はどう書けばいいのかといったことを、漫画やメルマガで紹介してくれるので、記事を書く際には非常に参考になります。

画像の利用についてもマニュアルが完備されていますので、それを参考にしながら記事を書いたら、クライアントに提出します。

 

6.記事の審査&修正後記事の採用

記事が書き終わったら、記事を提出し回答を待ちます。

まずPVモンスター側で審査を行い、その後クライアントから回答がきます。

クライアントからは修正依頼がくる場合もあるので、修正がきた場合は修正をして再度提出を繰り返します。

その結果記事が採用となれば、クライアントのサイトに掲載となります。

私は大幅な修正というのは体験していないのですが、修正機能があるのでここで何度か修正を重ねれば、採用には結びつくと思われます。

 

PVモンスターは稼げるのか?

ここまでPVモンスターの記事採用までの流れを紹介しましたが、実際PVモンスターは稼げるのでしょうか。

実際に利用してみた私の視点から見解を述べてみたいと思います。

 

PV辺りの単価は高い

PVモンスターは案件によって単価が異なりますが、1PVあたりの単価は1円~5円ほどです。

ブログの1PVあたりの単価が1円前後と考えれば、1PVあたりの単価は十分高いです。

ブログの場合は上限がありませんが、1つのキーワードに対して上限が安い金額の案件を選ばなければ、非常に魅力的な案件だと思います。

 

検索で読まれるかどうかがすべて

ただブログとの違いとしては、報酬が発生するのは検索から入ったアクセスのみが対象になるところです。

以前はソーシャルの流入もカウントされたのですが、2017年3月からは検索エンジンからの流入のみが報酬になると規定が変わりました。

そのため、SEOに強いライティングができなければ報酬は全く発生しません。

 

すぐにお金にはならないが資産になる可能性はある

またPVに対して報酬が発生するので、PVモンスターはすぐにお金にはなりません。

一方で検索エンジンに評価されれば、定期的にお金が入ってくる資産になる可能性を秘めています。

ただ資産にするためにはリライトしたり、検索エンジンの傾向を追う必要があります。

今はまだ記事が採用されたばかりですが、今後はリライトの必要性も出てくると思いますので、リライトについては必要になったら追記していこうと思います。

 

この辺りがPVモンスターで稼ぐことのメリットとデメリットといったところでしょうか。

実際に稼げるかどうかはこれからなのですが、PVあたりの単価を考えれば割はいいと思いますので、副業で記事を書こうと思っている人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

毎月2万円の継続報酬獲得中のライター多数!PVモンスター

 

以上副業に最適!PVモンスターで記事が採用されるまでの流れを公開でした。

登録自体はすぐできますので、興味が出てきたという人は一度登録してみて記事を書いてみる事をおすすめします。

上手くいけばかなり稼げる手段になりますよ。